西武ハウジングのBLOG&回想録じゃが

ゴルフ 車ドリフト バイク  おもろい人 おもろかった出来事など
Posted by 西武  又木   0 comments   0 trackback

ノーパン喫茶

nopan-kissa3.jpg

  


今から40年近い前です

ノーパン喫茶っての有ったのです
普通の喫茶店の床がかがみ張りされています

最初にやった人凄い人やと思います

コーヒー1杯1000円でした
今のレートなら 2~2500円位でしょうか

でも
今思えば何が楽しかったのでしょう
スカートの下がノーパンってだけで
想像の世界の夢の世界のイージが膨らんで
変なところも膨らましていたのかもしれません

友達と東大阪まで行った記憶あります
車で1時間近くかかって行きました
恐ろしき若さのエロパワー

その当時僕ら若者には恥ずかしいイメージしか無かったですわ
ジロジロ見れるほどドあつかましくなかったのです
ウブでしたぁ~

最後の方はだんだんエスカレートし
トップレスが普通になってたみたいです

まぁ すぐ摘発され

すたれて影もかたちも無くなりましたが

今出来ても取りあえず 鼻の下伸ばして一回は
行くんでしょう~

いくんかぁ~い

あほです ねぇ~




テェンキュ~


人気ブログランキングへ 



 
スポンサーサイト
Posted by 西武  又木   0 comments   0 trackback

視力2.0

me.jpg




中学生の頃の視力テストです



五十音順で又木のま やからかなりまたされます またつながり
暇やし1.2から2.0まで視力表まる暗記です
この頃はまだ記憶力よかったです

1年生めでたく視力2.0です      しゃ~こら

2年生も同じ要領で2.0なり~     どんなもんじゃい
だから亀田はまだ生まれてへんちゅね~ん



3年生は0.8です

ですは

1.2からは覚えてるんですが1.0 は見える覚悟でおりましたので
1.0が見えて無いんですね


あっほっちゃ~ぅ  



テェンキュ~


人気ブログランキングへ 


Posted by 西武  又木   0 comments   0 trackback

ヒャーホーの師匠

meito_20110918085159.jpg




また志布志市 子供時代の話しです
45年ちかい昔しです

志布志市 高校生の頃です
一個先輩のウトンタンの隆文ちゃんは僕の
師匠です彼はヒヤッホーと叫ぶのメチャクチャ
うまかったんです

僕はいくら練習してもあの高音と粘りある声が
でないのです

いつしか師匠と呼んでます
普段はすましてホンダCB350に乗ってはります


ベロベロに酔っ払ったら
20
歳位で特攻隊で死んでいった人が可哀想やと
泣いて飛行機のまねして突撃してはりました~

毎度口から逆噴射してはクルチィ~ クルチィ~  
うなってはります

みんなに調子にのって飲まされています

んでガッコ行く時弁当しか入って無いカバンを
小脇にかかえてほんまダランダラン歩いてはります 
僕を見つけてヒヤッホーっやってくれます

さすが師匠声の張りが違います

師匠ショウモ無い所で人生の才能使い切ってはる
感バリバリっす 



師匠の父ちゃんはメガネ掛けて郵便局に
勤めてはりました ヤマハメイト50ccを
払い下げて貰っています 

ほんま偶然僕もヤマハメイト50ccを3000円で
いつもの夜逃げした単車屋で通学用に買って
たのです当然性能は一緒でなんぼガンバッテも
どないしても50㌔も出ないのです

とうぜんこの頃ノーヘルです

師匠はいつも真顔で右にウインカー出して
左に曲がらはります

走りながらセンタースタンド地面に押し付けて
2台で火花ちらしまくって喜んでいます

ヒャーホー連発です

二人ではるか山奥までいつまでもレースしてます
今でいうワンメークレースの先駆けでしょうか    

たったの3000円の6馬力くらいの単車で
何故にあんだけたのしかったのでしょう

若いって事はかけがえのない素晴らしい事なんでしょう

 
楽しかったすね~   
 


ヒャッホ~


テェンキュ~


人気ブログランキングへ 



Posted by 西武  又木   0 comments   0 trackback

昭代ちゃんごめんね その2

240px-Route220_TachibanaStreet.jpg



ついでなので そのまでいっときます

45年前 高校生時代のバイトの 

ライト工業の給料日です

坂口社長タクシー台飛ばして綾町の北のはずれから
宮崎市内までみんなを飲みに連れて行ってくれてます
宮崎と言えば橘通りです   やりたい横町もあります   

背は小さいですけど気風のいい多くを語らない社長さんで
僕の記憶の中では社長さん独身だったと思います 
50歳くらいでしたか

沢山儲かっていたのに現場と下宿の往復でお金を使うことが
無くてそういう使い方が社長のストレス発散だったのかも
しれません

欲が無く そお言うお金の使い方するから
余計に人とお金が集まってくるのやと思います
多少その後の教訓になっています


例のごとく帰りのタクシーの中昭代ちゃんがいます
僕にべったりです

頭を僕の肩にもたれ掛けています


今なら チャーンス飛んで火にいる夏の虫状態です  
手が遊んでるやないかい ないしてんねん  
あほんだら です  が 
その頃の僕はいたいけないイガグリ小年
アホアホ少年だったのです

未熟ものです   いけてへんのです
使えへんわぁ~   です


不覚にも気付いたら熟睡してしまっていたのです

朝5時半から起きて働いてましたもので

またもや
かんのぺきりに 呆れ果てられたのは言うまでもありません
例のごとく2  3日無視されてます

ちゃうねんて昭代ちゃん  朝早かってん  て
言い訳も出来ないまま

あれから 45

反省の日々です


テェンキュ~


人気ブログランキングへ 



Posted by 西武  又木   0 comments   0 trackback

ピッキング

025-1.jpg



遥か彼方中学生の頃45年以上前
仲良しの春山君がいます

僕の家から自転車で20分ほど町から離れます
彼は今思えばガッコの成績はアカンかったけど
遊びの頭はナンバー1でした


中学3年生になり立ての頃
春山君はホンダCⅬ90を志布志駅の駐輪場から
盗んでいます
僕らも一緒になって乗って遊んでいます

それも五寸釘を平たくして
キイをオンしています
ピッキングの先駆けでしょう

その頃の僕には思いも付かない行動です
駅の駐輪場から盗むって事も
それに五寸釘で単車走らす事も  
子供の僕の辞書にはあり得へん行動です


現在なら色んな情報が発達しています が
今から45年前 そんな情報ないし 発想出来ません

それ以前に子供の頃はそれが犯罪で
盗られた人の事考える知能もありません




田舎に帰ったら毎年春山君の家の前
素通りしています


来年帰ったら勇気を振り絞って訪ねて行こうと
思っています   が

たぶん行きません


春山君は遊びとかは天才的ですが

記憶力って点では うちの飼っていた
猫並だったと思います


だから
僕は彼の事鮮明に覚えているけど

僕の事覚えてもらっていないような気が
して仕方ないのです

おまんさぁ~だいさぁ~じゃったっけなぁ~  
って

訳せば
お宅どちらさん

って言われる可能性あります



テェンキュ~


人気ブログランキングへ